肩こり・腰の痛みクリニックの五十肩(四十肩)治療

五十肩(四十肩) 痛みで腕が上がらない等、長年続く肩の症状や ゴルフなどスポーツによる肩の痛みに

こんな症状ありませんか?

五十肩(四十肩)とは

五十肩(四十肩)の治療は継続が大切

五十肩(四十肩)の痛み対策で一番大切なこと‥
それは、日頃から肩をしっかり動かす運動をすることです。
しかし現実は、肩に激痛を感じるため肩を動かして運動することができない、それが問題の根源なのです。

現在、五十肩(四十肩)の治療方法は肩関節ステロイド注射とリハビリテーションなどが一般的です。リハビリを含めた治療になりますと、治療期間が非常に長くなる場合がありますが、あきらめず「肩の痛みが良くなる、治る」と信じて治療を継続していくことが、状態を改善するためには必要なことです。

しかし、多くの方がリハビリの痛みに耐えられずに治療を断念してしまうのも現状。
五十肩(四十肩)は短期間で痛みを軽減させる有効な治療法が存在しなかったため、痛みを抱えながらの生活を強いられるケースがほとんどなのです。

当院ではそんな患者様のお悩みを改善するために、まったく新しい五十肩(四十肩)の治療法をご提案しています。

スポーツ時の痛みについて

ゴルフなどのスポーツで無理な姿勢を繰り返していると、筋肉や筋肉を覆っている筋膜に負荷が掛かり、筋肉痛となります。筋肉痛は通常数日間で回復しますが、繰り返し負荷がかかってしまうと筋膜の回復が追い付かず、筋膜が硬くなってしまったり炎症が起きる場合があります。それにより痛 みや違和感などが生じてしまうのです。

なお、痛みが強いときに無理なストレッチやマッサージを行うと炎症が悪化する恐れもありますので注意が必要です。当院の痛み治療は無理に動かすことなく、患部の炎症を抑える作用もあるため、ゴルフなどスポーツによる痛みの治療にも適しています。

※ただし、事故などによる外傷・骨折・炎症性疾患がある場合には治療適用外となります。その場合は原疾患の治療を優先しましょう。

最新医学に基づいた五十肩(四十肩)治療

治療箇所

料金表

詳細情報

よくある質問

治療時間を教えてください。
治療箇所にもよりますが、約5~10分程度となります。
痛みに弱いです。治療時に痛みはありますか?
注射には極めて細い針を使用し、なるべく痛みがないよう心がけておりますが、刺したときに時に少しチクッとします。痛みは鍼治療とさほど変わりません。

(※痛みの感じ方は人それぞれになります)

健康保険は使用できますか?
コリピタは新しい施術のため、健康保険は適用外です。
頚椎椎間板ヘルニア(首のヘルニア)なのですが、注射で症状はおさまりますか?
頚椎椎間板ヘルニア(首のヘルニア)や外傷、骨折、炎症性疾患、内臓疾患がある場合には治療適用外となります。その場合は原疾患の治療を優先されることをおすすめします。
何回くらい治療を受けたらよいですか?
生活習慣病による五十肩(四十肩)は、同じ体勢、運動不足、ストレスなど、好ましくない習慣や環境の積み重ねで発症しやすい疾患です。
生活習慣を改善しない限り一度治療が完了しても再発する可能性があるため、治療後は無理のない範囲で簡単な運動をすることをおすすめしています。痛みが治まるまでは、1~2ヶ月に1回程度の治療が目安となります。
(2回目以降の治療の場合、1回目よりも少ない治療箇所で済む場合がほとんどです)
ボトックス注射やトリガーポイント注射、ブロック注射などとは何が違うのですか?
これらの注射とは使用する薬剤が違います。ボトックス注射(ボツリヌス・トキシン製剤)は一時的に筋収縮を抑えることで、苦痛を和らげたりいかり肩を改善する効果があります。
トリガーポイント注射やブロック注射は、痛い部分を麻酔によってを麻痺させ、一時的に苦痛を和らげるものです。

治療の流れ

当院はカウンセリング無料

カウンセリング無料 通話無料